ロレアルのヘアカラー

スポンサードリンク

ロレアルのヘアカラーといえば、「フェリア3D(メーカー希望小売価格1,155円)」。
出始めの頃、ちょっとチープなパッケージの多かったヘアカラーの中で美人なモデルさんの写真がドンと出ている(のと、頭一つ出た値段の)ロレアルのこの商品には驚かされたのを覚えています。 ロレアルの3D用の色は全部で19種類。「マロングラッセ」や「カフェオレ」など食べ物に例えられたものが多く、やたらと美味しそうな名前がついているのが特徴です。

ロレアルのヘアカラーはこちら

市販のヘアカラー

市販のヘアカラーは髪の毛を染める時「脱色→ニュアンス用の色で染める」という風に染めていますが、この場合だと髪色が単調になってしまう、というデメリットがあります(だから美容院では複数の色で染めるというサービスも出ているんでしょうね)。
ロレアルの場合はちょっと違い、脱色を行った後にベースの色での染めを行ってから別の色で染めています。これによって、ロレアル独自の「3Dカラー」と呼ばれる深みのある髪をどの角度から見ても実感できるんですよ。

市販のメンズヘアカラー

市販のメンズのヘアカラーは、大体ブラウンかアッシュ系の色合いのもので、1社3種類くらいがお約束になっているようですね。
でも、できるならもっと自分に合ったものを探したい…という方もいるのではないでしょうか。 レディース向けですが、ロレアルの商品はメンズ向けのものも揃っていますよ(ロレアルは他のメーカーに比べて時間はかかりますがちゃんと染まります)。ロレアルの場合暗めのアッシュもあるので、明るいのはちょっと…という方も気に入る一品を探せると思います。

妊娠中

妊娠中のヘアカラーはしないでください。なぜか?というと、アレルギーの恐れが出てくるから。
ヘアカラー剤が妊娠中の肌に付着すると、体をめぐって胎盤に行き、赤ちゃんに届いてしまうのです。これは、ロレアルなどのちょっとお高めの商品でも変わりません。 それに、妊娠中は皮膚が弱くなります(愛用していたシャンプーでかゆくなったりということも…)。強い成分のヘアカラーを使ったら、皮膚も髪もぼろぼろになってしまうので、髪の毛のおしゃれは子供が生まれるまで我慢しましょうね。

流行の色

流行の色、というのが毎年美容院業界でもあるそうですね。今年は原点回帰(?)か、ブラウンが人気のようです。
それでも年代によってニュアンスは違い、10代後半〜20代前半はベージュやオレンジ系の明るいブラウンが、20代後半からは重みのあるブラウンが人気のようです。ロレアルでも秋にベーシックなものとピンクがかったブラウンの二つを発売していますよ。 とはいってもやっぱり自分に似合うヘアカラーで染めるのが一番。美容師さんとも相談してぴったりのものを探してくださいね。