無印良品のランドセル

スポンサードリンク

無印良品のランドセルは選択肢の一つとして良い物だと思います。
小学生に入る前の子どもにとってランドセルというのは一つの憧れだと思います。
ちなみに学校によってはランドセル以外の物を指定している所もありますが、現在でもほとんどの小学生が通学の際に使っている物です。

良く、テレビなどで防犯グッズ紹介の際にでてきますね。 ですが最初は喜んでいるしょっていても、ある程度年数が経つと子どもの方も飽きてくるものです。
私が小学生だった頃も、低学年の頃はみんな背負っていましたが、高学年に上がる頃には段々と手提げ袋みたいなトートだったり、バッグだったりを使い始め、利用している人は皆無だったと記憶しています。

実際に私(3人兄弟です)3人とも小学4年までしか使いませんでした。そのあとは、屋根裏にちょとおいてありましたが、すぐに捨てられてしまいました。寄付とかアクセサリーにする方法もあるみたいですが、あまり使わなくなるのが実情なんですよね。

そういったことも見越して、できるだけ安い物を買っても良いのではないかと思います。

人気のランドセル(楽天調べ)はこちら

ランドセルの選び方

ランドセルの選び方は色々ありますが、まずは価格を見ていくのがよいでしょう。 値段はタイプによって様々ではありますが、基本的には15000円〜20000円以上というくらいでしょうか。

数年使うことを考えると決して高い物ではありませんが、経済状況によっては結構な負担になるという方もいるのではないでしょうか。 ただでさえ小学校に入る時には揃える物が沢山ありますのでお金がかかりますし。
なるべく安い物が欲しいけど中古よりは新品を買い与えてあげたいとうい方は、無印良品のランドセルにしてみてはいかがでしょうか。

無印良品のランドセルは格安

無印良品のランドセルは格安で手に入ります。
具体的には、無印良品では1万円以下で買うことができるそうです。 イオン(ベッキーがCMやっているやつ)とか天使のはねとかニトリのもありますが、無印良品は負けず劣らず値段が低価格帯で勝負しています。もう激安といっていいのではないでしょうか。


無印良品の安さの秘密とは?

無印良品の安さはなんなのか。
なぜこんな安さなのかというと、そこには素材の違いという大きな秘密がありました。

無印良品の製品はポリエステルの素材で出来ていますので通常のランドセルと違って安く買うことができるのです。 素材が違うということでランドセルというのは頼りないという印象を受けるかもしれませんが、無印良品は「軽さ」をアピールしているのです。 無印良品のはポリエステル製ということですので、とても軽くて使いやすい物になっています。 それでいて形状や収納性は従来のランドセルと同等の物となっていますので、使い心地に違いはありません。
こういった言い方をしてしまってはアレですが、忘れ物をしないようにランドセルの中に教科書を全部入れているような子どもにとっては、無印良品のランドセルの軽さはとてもありがたがられると思いますよ。

ランドセルの人気ランキング

ランドセルの人気ランキングは大体色(子どもの判断が強い)と値段(親の判断)が駆け引きで決まっているところが大きいです。
最近では、格安商品が増えたのでカラーバリュエーションのなかでも水色とかが人気です。 黒と赤の時代はすたれたみたいです。
口コミサイトや販売サイトの評価などを参考にすると、無印良品は結構満足度は悪くないみたいです。価格比較サイトでも価格帯の安さでいえば、上位に来るのでおすすめです。(楽天などでも見れます)
アウトレットでよく高めの商品が置いていますが、職人が手間暇かけて作った…みたいな製品はなかなか選ばない方がいいでしょう。 それは、いちいち修理が面倒。色が少ない。通販で買えない。とかあります。オーダーメイドみたいになって高額。 牛革を使っていていいものはありますが、実際子どもが使うのは実質4年もないことが多いです。セール品で十分でしょう。2009年ものはそろそろ販売されるので、今のうちに情報を集めておきましょう。

ランドセルといってもシーズン以外には全く確認することができませんが、入学シーズンになるとその年のモデルが発表されますので、どういった物が良いのか悩んでいる時には無印良品のホームページを見てみてはいかがでしょうか。