除光液

スポンサードリンク

除光液(リムーバー)は色々な種類の物が発売されていて、マニキュアなどのネイルアートをされる方ならば必ずお世話になっているものですが、この除光液、中に入っている成分をきちんと確認して購入・使用しなければ大変なことになるんです。
どんな風に大変かというと、爪が乾燥して二枚爪になったり、ちょっとマニキュアを薄めようかなーとマニキュアの瓶に除光液を入れて、蓋をして混ぜたら入っている成分が化学反応を起こして爆発したり(本当にあった話だそうです)と、冷静に考えると大変な話ばかりなので気をつけましょう。

除光液はこちら

除光液の成分

除光液の成分でよく「アセトンフリー」というものがありますが、このアセトンというのは「色んな物質をとにかくよく溶かす化学物質」なんです。
このアセトンがどのくらいすごいのかと言うと、水・アルコール・クロロホルム(麻酔)と、油脂と名の付くものはなんでも片っ端から溶かします。当然指や爪の皮脂も取り去ってしまいます。実は消防法の危険物にも認定されている危ない物質だったりするんですよ。
除光液は、普段は爪に優しいアセトンフリーの物を使って、最終手段として(危険物だけど目をつぶって)アセトン成分入りを使う、というのが一番いいかと思います。

カルジェル

カルジェルは、普通のネイルアートなど他の種類のネイルと異なり目に見えない穴がたくさん開いている方式なので、カビが生えることなんてないから安心…といっても、ちょっとしたことでトップコートが取れたりして、除光液を使うことも少なくありません。
カルジェルの場合、ジェルリムーバーを使用したほうが効率よく、きれいに落ちます。もちろん除光液でも落ちることは落ちますが、時間がかかる上、アセトン等の成分が爪に負担をかけてしまうので、あまりおすすめはできません。

除光液のお茶

除光液の関連キーワードに「お茶」というものがあったので「お茶のカテキン成分が除光液の代わりになるのかな?」とちょっと気になって調べてみたのですが…出てきたのは「お茶の中に除光液混入」などというかなり危険な記事ばかりでした(絶対にやめましょう!)。
それでもしぶとく探してみたら、アジア雑貨のお店でお茶の精油成分を入れたものやローズヒップティーの香りのするウォータータイプのものを発見。成分もシンプルでやさしいようなので、従来の商品に抵抗を感じている方は試してみてはいかがでしょう?

シャネルの除光液

シャネルの除光液は、その淡いピンク色の液と香水を思わせる華やかな香り(ちょっと強烈)が特徴です。アセトンフリーの成分なのかこの除光液は爪に優しく、爪の弱い方が使用してもあまり乾燥が気にならなくなったという口コミもあります。 唯一のネックはそのシャネルらしいコストパフォーマンスでしょうか(50mlで1,400円!良くも悪くもシャネルらしい…)。普段使いというよりは、ふとリッチな気分に浸りたいときに使用するのが、一般庶民の正しい使い方なのかもしれません。