重曹とは

スポンサードリンク

重曹ってご存知ですか?正式名称は重炭酸ソーダ、薬品名で言うと炭酸水素ナトリウム。

懐かしいところだと駄菓子のカルメ焼きを膨らませるのに使うベーキングパウダーがそれに当たるのですが、最近はどちらかと言うと、水に溶いての消臭スプレーや茶渋落しなどのそうじに使うなどと言った生活のツールとしての注目が集まっています。
大そうじも大詰めのこの時期、重炭酸ソーダで家中ぴかぴかにしてみませんか?油汚れがつるっと落ちていくのを見るのはけっこう快感ですよ。

掃除に使う重層はこちら

重曹でそうじ

重曹をそうじに使うのはけっこう有名な話ですが、まずはこれを「消臭」に使ってしまいましょう。

酸性(肉や魚、汗などのすっぱいにおい)に対しての脱臭効果があるので、冷蔵庫や靴箱に入れておくと効果的なんです。
使い方は簡単で、冷蔵庫や靴箱の中に重曹を入れておくだけ(プリンのカップなどでOK。ふたはしないで下さいね)。
たまにチェックして、さらさらだったものが固まっていたら(もしくは臭ってきたら)取り替え時。固まったものはおそうじにも使えますよ。

そうじ

そうじをしていてたまに泣きたくなるのが、ガスコンロや換気扇のそうじ。
あのべっとりとついた油に手を焼いている方は多いのではないでしょうか。そんなそうじにも家庭の友(勝手に命名)・重曹が大活躍ですよ! 使い方は、汚れているところに少し水をつけて、その上にじゅうそうを振りかけて、しばし待ちます(そうすると、きつい汚れもふき取りやすくなります)。その後は湿らせたスポンジや布巾などでゆっくりこすると、叫びたくなるほどよく取れます。
換気扇の場合は、霧吹きで水をかけて湿らせた上に重曹をちょっと多めに振りかけたティッシュペーパーをぺたっと貼り付けて放っておいて、あとでふき取るといいですよ。

酢を活用する

酢をあまりお料理に使わなくて大量に余らせている方、今年はそのお酢(加工されたお酢を除く)をお掃除にもフル活用しましょう。
「匂うからちょっとイヤ」という方は、薬局でクエン酸を買って来ましょう。効果は同じなので、お好みで好きなほうを選んでください。使い方としては、スプレー容器に水でうすめたお酢を入れるだけ。
特にこの酢(もしくはクエン酸)が効果を発揮するのは、重曹をそうじに使ったときで、仕上げとして使用すると、汚れカスもきれいに片付くのです。重炭酸ソーダをおそうじに使うときは、セットで用意しておくといいですよ!

そうじでの効果

そうじに効果絶大の重曹ですが、何でもかんでもこれを使うと失敗してしまうこともあります。
まず、直接振りかけてこすってはいけないのがテフロンのフライパンやお鍋。テフロンがはがれて寿命が短くなってしまうので、もしおそうじで使いたい場合には、これを溶いた鍋の中に汚れた調理器具を入れて沸騰させればOKです。 あとダメなのが、アルミ製のもの。重炭酸ソーダの成分とアルミの成分が化学反応を起こして真っ黒になってしまいますので注意(酢水やレモン水などで煮ると黒ずみは取れますよ)。